鷺一樹(さぎかずき)の経歴は?会社や竹花貴騎、三崎優太との関係性についても

毎年恒例行事になりつつある新宿・歌舞伎町でのホスト活動をしている青汁王子こと三崎優太さんが、今年鷺一樹さんと言う人とも一緒にホスト対決をしていたことが話題になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鷺(さぎ)(@sagi_kazuki)がシェアした投稿

今までこの鷺一樹さんはあまり認知度がない方でしたが、有名な青汁王子と対決した事で認知度があがっていますね。
今回は、この鷺一樹さんの経歴や会社について、一体どんな人物なのかを調査してみました!

鷺(さぎ)一樹の経歴は?

引用元:https://twitter.com/

名前:鷺 一樹 (さぎ かずき)
生年月日:1992年4月6日
年齢:29歳
出身地:東村山市
所属:吉本興業

鷺一樹さんは現在会社経営をされています。が、同時に吉本興業のお笑い芸人でもあります。
M-1などにも出場していたウォンテッドと言うコンビようですが、芸人としては売れず毎回1回戦敗退だったようですね。
そんな鷺一樹さんはなんと最終学歴は中学校卒業!中卒社長として有名のようです。
中学校は今のところ公開されていませんでしたが、情報が入り次第お伝えします。

中学校を卒業後、吉本興業に入り芸人として売れる事を志していたようですが、竹花貴騎さんの設立したLIMグループと言う会社に入社し、竹花さんの右腕として言われていた方でした。
その後、竹花貴騎さんは「元Google社員」としての経歴をアピールしていましたが、実は「業務委託」だったことで経歴詐称によりオンラインサロンメンバーから返金を求められるなど、詐欺師と言われていたこともありますが鷺一樹さんは現在も竹花さんの側で活動をしています。

鷺(さぎ)一樹の会社は?

鷺一樹さんが会社を設立したのも、恐らく竹花貴騎さんのプッシュがあったものと思われます。
竹花さんの公式YouTubeでは、鷺一樹さんが会社設立をする様子も公開されています。

現在、LIMグループは竹花貴騎さんとの関係を一切否定しており、2人とも別の活動をしています。
その会社は、株式会社MDSと言う会社です。
日本、シンガポール、香港、ドバイに拠点があり事業を展開しているようで、日本の株式会社の代表が鷺一樹さん、ドバイのMDS DUBAI LLC. の代表が竹花貴騎さんのようです。

引用元:https://www.mds-fund.com/legal

 

事業は主にマーケティング支援やコンサルティング事業など、IT系をメインに展開していますが、鷺一樹さんはカフェ事業も展開しています。
そのカフェは渋谷区神南にあり、RIO (CAFE&BAR)と言うお店です。

引用元:https://rubese.net/

このカフェはSNS映えする事を狙いにしたカフェであり、グルテンフリー食べ物など女性に嬉しいお店になっているようですね。映えの面だけではなく、味も高評価で人気店になっているようです。

グルテンフリーのマフィンはチョコとバナナの2種類。
バナナマフィンは普通のマフィンに比べて
もちもちっとしていて甘さ控えめでgoo!!

かなり行列が出来て大人気になっていました。
テイクアウト以外の店内希望の方は、
必ず予約してからの訪問をオススメします。

そのほかにも、起業したい生徒の為の学校、UR-U【ユアユニ】なども展開などもしているようですね。現在ここから、パーソナルトレーナーで独立した人や飲食店をオープンさせた人、フリーモデルとして活躍している人など数多くの「自分で稼げる人」を育成しています。
学歴や年齢に関係なく、本気で自分の人生を豊かにしたい人にはピッタリですね♪

鷺(さぎ)一樹と竹花貴騎や三崎優太との関係性は?

竹花貴騎さんとは、現在のグループになる前からの接点の様でした。鷺一樹さんも、竹花貴騎さんにビジネスを教わったのでしょう。元々売れない芸人として居た自分からの、一念発起だったようですね。
肝心の三崎優太さんとは、竹花貴騎さんが炎上した際に三崎優太さんは竹花貴騎さんについてコメントし、更に炎上する事態になりました。

その和解のキッカケを作ったのが、鷺一樹さんなんです。
恐らく三崎優太さんが公開した竹花貴騎さんについての動画を見た鷺一樹さんは、「本当の竹花貴騎さんの姿を知ってほしい」と言う気持ちでコラボを持ち掛け、2人の間の溝を埋めたのだと思います。
その結果、今年のホスト編ではゲストとして一緒に歌舞伎町を盛り上げる仕掛けをしているほど、ビジネスパートナーになっているのではないでしょうか。

現在は経営者として、また鷺軍団言われるグループを持つほど信頼もあり、これからますます活躍していくと思われる鷺一樹さん。学歴関係なく成功する事を体験しているので、本気で人生を変えたい人は働くのもアリですね♪