蜂谷雅彦の出身地や経歴は?新ブランドHACHIYAの店舗や購入方法についても

ファッションの世界で有名ハイブランドを数多く出しているジャパン社で優秀な人材として活躍し、「アレキサンダー・マックイーン」の日本支社長を務めていた蜂谷雅彦さんが、新ブランドを発表した事が話題になっています。

蜂谷雅彦の出身地は?

引用元:https://hachiyaonline.com/

蜂谷雅彦さんの出身地は、現在情報がありませんでした。

プロフィールで明かされているのは、1991年からファッション業界に入っているので4年制の大学卒業後に入社しているのであれば現在52歳、短大卒であれば50歳、高校卒業後であれば48歳くらいの年齢と言う事になります。

いずれにしても、これだけの活躍で名を残している方なので学生時代から興味のある事には打ち込む性格だったのかもしれませんね。

蜂谷雅彦の経歴は?

蜂谷雅彦さんは、1991年にファッション業界に入ってからイタリアで仕事をしています。

1998年には自分のブランドを創り、ミラノ・コレクションにも参加しているようですね。ディレクターやデザイナーの才能を高く評価されて、「グッチ」「フェンディ」「サルヴァトーレ・フェラガモ」などの有名ハイブランドのディレクターとしても活躍しています。

元々海外のブランドに、日本人が選出されるというのもものすごい事ですね!!

そこからさらには、「アレキサンダー・マックイーン」の日本支社長を務めていましたが、一旦ファッションの世界から離れています。

蜂谷雅彦の新ブランドは?

そんな蜂谷雅彦さんが、2021年10月1日に新ブランド「HACHIYA(ハチヤ)」をスタートさせることを公開しました。

業界にいた頃から感じていた「消費者が求めていないことを勝手に設定し、その上でビジネスをしている」感覚にわだかまりがあった。そんな中で出版社から、アパレルのセオリーを知らないからこそ縛られないビジネスができそうなオファーをいただいた。夜間飛行が既に手がけている「マダムH クローゼット(MADAMEH CLOSET)」(1947年生まれの人気ブロガーでもある佐藤治子デザイナーが「価値あるベーシックアイテム」を提案するブランド)は、ニッチなマーケットの中で成功している。時間をかけて納得できるものが作れたら、携わる人がみんなハッピーになれるのでは?と考えた。引用元:https://www.wwdjapan.com/articles/1280861

蜂谷雅彦の新ブランドの店舗や購入方法は?

蜂谷雅彦さんの新ブランドHACHIYA(ハチヤ)は、店舗がまだなくオンライン限定の購入のみとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HACHIYA(@hachiya_online)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

HACHIYA(@hachiya_online)がシェアした投稿

現在はパーカーと、バッグの2商品展開になっていますが、細部にまでこだわって作られている商品なので長く愛用できそうですね。

今後のHACHIYAの商品展開にも期待です。